これで解決!お悩み別【テーパードパンツ】の着こなし術

パンツの定番【テーパードパンツ】

テーパードパンツとは、ゆったりとした腰回りから、裾にかけて次第に細くなるシルエットのパンツを指します。

楽ちんな履き心地で動きやすく、スタイルアップも叶う優れもの。

ワイドパンツやフレアパンツの人気と並ぶように、今季はテーパードパンツがトレンドに仲間入りをしています。

しかし、「テーパードパンツは何となく似合わない」「スタイルが悪く見えてしまう」と感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、テーパードパンツが似合わないと感じる原因を、お悩み別に解消していきます!

 

①腰回り・ヒップが大きく見える

 

 

 足先に向かって細くなるシルエットが特徴のテーパードパンツは、

縦のラインを強調するので足を細く見せてくれる効果があります。

しかし、その分腰回りやヒップが目立ってしまい大きく見えることも…。

MODEL 158cm 着用サイズ2

腰回りのハリが気になる場合は、ボディラインを拾い過ぎないようワンサイズ上のパンツをチョイスするのがオススメです。

気になる部分をさりげなくカバーしてくれるウエストギャザーのデザインを選ぶとなお良し。

更に、着丈がしっかりある大きめトップスをタックインしたり、ヒップが隠れるオーバーシャツを羽織ればより効果的です。

すっきりシルエットのテーパードパンツに、ふんわりとボリュームを持ってくることでバランス良く仕上がります◎

 

 

こちらのパンツもオススメ!

 

 

 

②ふくらはぎが張って見える

 

 

裾にゴムの入っているものや、足先にかけて細くなり過ぎているものなど、テーパードパンツにも様々なデザインのものがあります。

体型に合わないものを選んでしまうと、ふくらはぎの張りが気になったり足首が太く見えしまう…なんてことも。

MODEL 166cm 着用サイズ40

ふくらはぎや足首が気になる方は、裾にかけて絞りすぎていないデザインを選びましょう。

膝下からゆとりのあるシルエットが、体型を気にせず着こなせるポイントです。更にサイドスリットが入っていると、足首に余裕が出るのでスッキリして見せることができます。

センタープレスのデザインもオススメ。縦のラインが足全体を真っ直ぐ細く見せてくれるので、下半身にコンプレックスのある方でも履きやすいですよ◎

足元は、肌が見えるよう先が細めのパンプスを合わせると、華奢な印象に。

かっちりしたテーパードパンツも、女性らしく抜け感のある着こなしに仕上げるのがオススメです。

 

 

こちらのパンツもオススメ!

 

 

③低身長・寸胴に見える

 

先が細くなるテーパードパンツは、低身長の方が履くと寸胴に見えてしまうことも。

そんな時は、目線が低く下がっていることが原因かもしれません。

低身長さんや足が短く見える方は、目線を上げることを重視してコーディネートしてみましょう。

MODEL 155cm 着用サイズ36

オススメはハイウエストデザイン。トップスをインしてウエストマークすれば脚長効果抜群です。

ベルトを使用すると、更にバランス良くメルハリのあるコーディネートに仕上がります。

トップスには、着丈が短めのものをチョイス。目線が上にいくように明るいカラーを選ぶと、低身長でもスッキリ着こなすことができます。

フルレングスのテーパードパンツには、ヒールのある靴が相性◎ スッキリとしたデザインのブーツやパンプスが、洗練されたスタイルに仕上げてくれます。

 

 

こちらのパンツもオススメ!

 

 

いかがでしたか?

味方につけてしまえば、着回しやすく美脚に見えるのがテーパードパンツの良い所。

似合わないと思っていたシルエットも、選び方とコーディネート次第でコンプレックスを目立たせることなく履きこなすことができます。

ぜひ参考にして、今季のトレンド【テーパードパンツ】に挑戦してみてくださいね★